日時 平成30年6月19日(水)   13時30分~15時30分

場所 総合福祉会館 4階 研修室

参加:伊藤 北島 野原 藤井 田口 大石 下川 平野 宇土 志知 高島 棚瀬 高橋 浅野 井口 入山 橋川

1.開会

あいさつ(伊藤会長より)

昨日も地震がありここ大垣においても大きな揺れを感じたようです。自分は通勤中で車中だったことから揺れを感じることはありませんでしたが、その後、仕事で利用者宅に訪問すると独居の方や高齢者世帯の方は大きな揺れに恐怖を感じたと訴える方が多くみえました。今の日本どこでも大きな地震が起こる可能性があり、地震のみに関わらず災害からの非難や事前準備等についての研修の必要性を感じました。今日も色々と研修会等について協議があります。宜しくお願いします。

協議事項

①第1回定例会について(7月18日)

講演内容「障がい者理解と障がい者差別解消法」  担当者等最終打ち合わせ段階にあります。

事務連絡について

伊藤畳屋 畳の素材を利用してパズルを作成し、実物を用いて高齢者のリハビリ等への活用に向けたPR紹介

高齢介護課より人材育成事業等の取り組みの紹介等 その他の連絡事項あり。

②部会情報交換会報告について(5月連絡会総会後 企画)

ケアマネ部会

制度改正で困っている事等について話し合いを行う。医療との連携が迅速な取り組みが進められたが、一方で指定期日までに対応等が大  変なこともある。連携手段に指定は無いが迅速に行うためにFaxを用いるケースが増えるが実際に病棟に足を運びたいケースもある。

施設部会

制度改正では大きな混乱は無かった。一方で各施設では人材不足が長期に亘り問題にある。育成も出来ない。認知症の方の対応も十分出来ない。人出不足で現場から抜け出せず定例会等の参加が中々出来ない状況にある。

居宅サービス部会

福祉用具・通所系・訪問系の3グループに分かれて実施。

通所系では新設された加算を取り入れたが、どのように加算について説明し伝えていくと良いのか、また、サービス提供時間の時間帯が変更になった事で時間活用法について話し合われた。

③医療介護連携推進懇談会について(今年度より名目が変更となる)

開催日:8月1日(水)今宿 サービスステーションにて

医療・介護連携シートの活用について現在活用中のシートの見直し検討について                         今後の大垣徳洲会病院との連携の在り方と懇談会参加について                                    各部会から懇談会に臨むにあたり現在、検討中。

④第23回市民の健康広場出展について

高齢介護課からは若い方から年配の方まで参加されるため、遊んで頂きながら楽しめる企画を予定。警察署にも応援を依頼して、シュミレーターを用いて運転(自転車)についての内容を予定しています。

介護サービス事業者連絡会は昨年、同様に器材を用いて健康チェックを予定しています。健康チェックの器材は近々検討する。(伊藤会長とアイセイ薬局と検討後、報告受ける)来場された方々に自身の身体を知ってもらう。

⑤その他

介護従事者派遣について (連絡会からの派遣依頼)在宅医療の懇談会 わいわい会について

今年、来年と掛けて開催予定。大垣市20地区に分けて住民の方に在宅医療とはどういうものなのか理解を深めて頂く場として企画しました。今後、自分だけでなく、家族と一緒に考えて頂けるきっかけとなるように結び付けたい。各関係者の参加協力をお願いします。

コーディネーターより                                                        昨年、地域で支え合う、支え合いの会が墨俣地区、うるう地区で発足されました。支え合いの仕組み作りは今後も数か所の地区で発足を予定しています。                                                         社会福祉協議会発行の「緊急連絡の手引き」というものがあります。ご本人に同意が得られれば作成可能となっており、対象者の家族構成や部屋場所、災害が起きた際に支援して頂ける方やケアマネジャーの欄もありますので活用して頂ければと思っています。

薬剤師との連携で課題となっている事について                                          ・接点がないわけではないが、関わる機会が少ない。 ・他科受診の際に複数の病院や診療科から処方される服薬管理について等々

今後の定例会について 担当月と各部会の内容について                                       9月 施設部会担当   11月 1月 3月 検討中

合同研修会について  ・災害の備えの大切さから災害訓練実施について ・人材育成について勉強会