12回在宅医療・介護連携推進事業多職種連携研修会

「広げよう多職種の輪」

~地域の高齢者が在宅で安心して自分らしく暮らせるため~みんなの力を1つに

 

近年、地域の要介護等高齢者の医療依存度は高く、医療から在宅、在宅から医療といった相互の連携がますます重要となっております。各職種間の専門的見地からの支援や連携のあり方を学ぶ機会とし、継続した顔の見える関係づくりを目指して研修会を開催します。

つきましては、ご多忙中とは存じますが、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、介護支援専門員、介護職員、更には病院地域連携室や医師、病棟看護師など、地域医療・介護に携わる関係者の皆様、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

ご参加のお申し込みは、案内文書裏面の参加申込書にご記入いただき、大垣市医師会事務局へFAXにて令和元年628(金)までにお願いいたします。

 

 

1.日 時:令和元年7月17日(水)19:30~21:30

 

2.会 場:大垣市民病院 管理棟5階 講堂

(〒503-8502 大垣市南頬町4-86 TEL:0584-81-3341)

※大垣市民病院の有料駐車場をご利用ください。

その際、駐車券を受付までお持ちください。無料駐車券と交換いたします。

(無料駐車場は21:00に閉鎖します)

 

3.内 容:1)勉強会

若年性認知症と認知症疾患医療センターの役割り

講師:医療法人 静風会 大垣病院 坂池 良太

認知症初期集中支援チームの活動・取り組み

講師:認知症初期集中支援チーム  三輪 知子

 

2)グループワークとディスカッション

『 若年性認知症患者とその家族の気持ちを理解しよう 』

※案内文書・申込書 20190717zaitakuiryou

※今回は当連絡会が担当です。

会員の皆様 お誘いあわせのうえご参加ください。